スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
困難は続く
- 2010/12/30(Thu) -
PC300397.jpg
2010.12.30 μ1030
Merang - Jerteh 80km

走りだしは天気も良く、モンスーン一過、今日あたりから追い風に乗って飛ばせるかと思った矢先、それもホテルを出てものの3分後にパンクに見舞われた。
さっき積み込んだばかりの荷物を全て降ろし、道路脇でじっくりトゲか鋭いものが何か刺さっていないか探すが見つからない。
バルブ近辺のチューブで1番脆い部分がわずかに裂けていた。新しいチューブをすぐさまはめ込み再出発。20分ほどして今度は音をたててパンク。二回目も後輪だった。
チューブにまたしても裂け目。
スペアチューブはもうなく、パッチを貼るしかない。
よく原因を探るとタイヤが劣化して裂けていたのだった。
負担のかかる後輪と前輪のタイヤとで履き替えてみても、ありったけの道具でなんとか色々と試してみたが、チューブの膨らみがタイヤの裂け目に入り込み、チューインガムが今にでも膨れ上がりたくてうずうず待機しているかのような状態。
野次馬が数名集まっていて、その中の1人ジジ君が、「家にあるから取りに行ってくるよ」とよくわからないマレー語で言い、どこかにバイクで消えて行った。
進んでも戻っても100kmは大きい街がない場所で、途方に暮れて待つこと5分、ジジ君がタイヤを手にして戻ってきた。
チューブとは適合しないが、ホイールとのサイズは合っている新しいタイヤをはめ、空気を入れると何とかなりそうだった。
救いの神ジジ君にタイヤ代を払い、厚くお礼を述べ再出発した。
ここ数日ふらつき感があったのも、タイヤが音を上げていた事が判明。解決して喜んでいたのだけど、天気は豹変しどしゃ降りになった。とても走れるような状況ではなく、足止め。
スコールが永遠と30分は降り続けた。弱まったところでまた走り出すがしばらくするとまたしても大雨。これまで見たこともないような大量の雨。まるで滝のようだった。再度足止め。
まるで先に進めない。
なんと街にたどり着きホテルへ。
今日こそビールと思ったが、やはり手に入らなかった。
困難はまだまだ続く。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング シンガポール-タイ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<しわしわ | メイン | 川の上のモスク>>
コメント
--
大変な状況がわさわさ現れてきたんだね、、、。
めげずに頑張れ~!!
日本から旗をふって応援していま~す☆
今日箱根峠で私にとって初雪観測!!
2010/12/30 22:26  | URL | misaratta #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/66-260b1e18
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。