スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
名もなき峠
- 2011/01/01(Sat) -
P1010501.jpg
2011.1.1 μ1030
Jeli - Pulau Banding 90km

今年も峠越えから始まる一年になった。
去年もこの日はインドネシアのジャワ島、プンチャックヒルという峠が待ち構えていた。

今日峠を越すのに、どれだけの距離、坂が続くのか分からず、またどの程度水が手に入るのかも分からなかった。
ここの峠は日本のような九十九折ではなく、直線的にガッツリ登りが続いた。路肩はここでも広く、接触のリスクは極めて少ない。
数こそ少なかったが、ここぞと言うタイミングでお店もあり、峠の茶屋的なレストランもあった。
ただし宿はなし。
実に4時間半登り続けた。
地図上の標高は1400mを示している。しかしそこで登りは終わったと思いきや、その地点からさらに登りは続いた。
待望の下りはきちんと用意され、一時間以上の長いダウンヒルだった。これほどはっきり下り一辺倒なのも珍しい。

ご褒美にと今日は到着地にリゾートホテルがあり、宿泊。値引き交渉して約4000円。
何もないと言われていた無人区間も、適度にあるお店や宿に助けられ、一山越えることができた。
タイの治安のせいで遠回りをせざるを得ず、このルートを走ったのだけど、山の緑は色濃く、マレーシア独特の山の連なりや、道路脇の植物が本当に美しく、終始目と心を楽しませてくれた。
でももう峠はしばらく勘弁して欲しい。
プーケットまでの残り日数と距離との帳尻もこれで合いそうだ。

では皆様、本年も宜しくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング シンガポール-タイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<避けては通れぬ波状攻撃 | メイン | しわしわ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/68-39e2df69
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。