スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
笑え!マネキン
- 2011/01/06(Thu) -
P1060662.jpg
2011.1.6 μ1030
Pak Bara - Trang 110km

さぁ出発という時に、後輪をみるとタイヤの空気が抜けていた。
今回はタイヤに尖ったものが刺さっていたため、原因がつかめ、すぐさま引っこ抜いて治療。
出発はすっかり遅くなったが、風に翻弄されながらも、順調に距離を稼いだ 。ちんたらしていると宿のある街への到着が夜になってしまいかねない。

あと残すところ40km。通常なら一日のゴール射程圏内に入り、ほっとしながら走れるところだが、後輪がまたしてもぐらつき出した。前回と全く同じ症状だった。
しかしタイヤをきっちり診て見たものの異状がない。
不安なまま走り出すとぐらつきは大きくなっていった。
残り20km。やはりタイヤに亀裂が入っていた。
スペアは買っていない。先へと進むしかなかった。
宿泊を予定していた街まで行けば新しいタイヤが手に入るかもしれない。ただそこまでは自転車屋などあるわけがない。
残り10km。亀裂が広がり、後輪は震えながら走っているような状態。もう神頼みで、街までなんとしてもパンクせずたどり着かせてもらうしかなかった。
100kmの走行距離を越えているにも関わらず、全力疾走。先にタイヤが潰れるか街まで着けるかのせめぎ合い。
残り5km地点。ここまでくれば街まで歩いていける。

なんとか最悪の事態は免れ街まで着いて、幾つかのホテルを巡り、部屋を確保した。
5時半を過ぎ自転車屋を探す気力も失せていた。

あと残すところ160km。明日の朝、タイヤを手にしない限り先には進めないだろう。

こんな状況を嘲笑うかのように、マネキンが口を開けて立っていた。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング シンガポール-タイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タイヤを履き替え次の出発点へ | メイン | くにゃ文字に悪戦苦闘>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/73-ee252915
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。