スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
登山5日目の話
- 2011/01/30(Sun) -
DSC01089.jpg
2010.12.14 NEX-5

タイムリミットの0時が来てしまった。
夕方出された食事もほとんど喉を通らず、出発前に用意された軽食を食べる食欲もほとんどない。
仮眠として与えられた9時間、眠りが訪れることもなく、ただただ目をつぶり、この得体のしれない熱が下がるのを祈るようにしてただ待ち望み続けた。インドネシアでも一人熱中症になってベッドでもがき続けたが、眠りと同時にその苦しさから解放されたことがあった。しかしマラリアかもしれず、持ってきていた経口薬を飲んでみたりもしたが、一向に熱は収まる気配はなかった。
一晩中寝袋にくるまりながらも、熱くて服を脱ぎ、そして時に外へ出て雪を頭に押し当てることぐらいしかできなかった。
相棒のKは反対に寒そうに防寒着と厳冬期用の寝袋にくるまりじっと風邪と戦っていた。

そしてついに、ガイドのロレンスが僕らの部屋に来て、「行けるか?」と尋ねた。
普通のまともなガイドだったら、こんな僕らの死に体の様を見れば、下山を促していたに違いないが、彼が僕らの体調のあまりの酷さを見抜けなかったことに、その時だけは感謝した。

「行くよ」と寝袋から抜けだして跳ね起きた。元気を自分からなんとか絞り出さなければ、この状況はもはや改善しそうにもなかった。
うつらうつら真っ暗な外へと出ると、星が無数に瞬いていた。
熱のためかさほど不思議と寒さを感じない。
最後の登山を最悪の状態で迎えることになってしまった。しかし、残酷にもこれまでの平坦な道のりが嘘のように、山を一気に登る本格的な登山となった。標高差1000m。周囲は星意外何も見えない。次第に片方の手に掴んだポールに体を預けなければ歩けないほど、体力は低下していった。
「もう戻ろう」といつロレンスに声をかけようとめげる気持ちと、なんとか上まで上がろうという意地とが戦い続けていた。そして星が夜空に流れる度に、「無事たどりつけますように」と願った。
首から上だけはオーバーヒートしていたため、寒さを感じず、グローブを外して素手で登っていた。いつ終わるとも分からない山の中をただ上を見て歩く。眠気はピークに達し、座って休むごとに、急激に瞼が重くなる。こんなところで眠ったら死んでしまうのではないか、と思いぎりぎりのところでなんとか持ち堪える。ガイドがいるのだから、いざとなればどうとでもなるだろう。

夜中の12時から登り始め、日の登り始める6時前、ついに果てしなく続いていた登りが終わりを告げた。
着いてしばらくしてから太陽が登り始めた。寒いのか熱いのか、眠いのか苦しいのか、感覚は麻痺しながらも辛うじて夜明けの写真だけは撮ることができた。
さらにここにきてようやく高山病にでもなったのか、急に吐き気を催し吐いてしまった。食べていないために出るものもなく、水気だけが絞り出される。しかしいくら吐いても一向に気分はよくならなかった。
苦しさのため達成感もなく、すぐさま下山。Kはゆっくり登っていたため、僕の下山と同時に、アシスタントガイドについて登ってきた。一足先に山頂へ着き、彼を待って一緒に記念写真を撮りたかったが、そうするにはあまりにも僕の体調は悪かった。
彼と無事5時間ぶりに顔を合わせ、彼もなんとかここまで登って来たのをみて、急にやり遂げたという気持ちがこみ上げふいに涙が出た。暗い中、ヘッドライトの明かりが下の方で揺らめいているのだけがずっと見えていたのだけど、彼の体調からしてKが上まで上がってこれるのかが心配だったのだ。
二人で登りきれたことの方が、僕にとってはうれしかったのだろう。

下山中も吐き気は止まらず、げーげー吐き続けた。緑に着色された水筒が、氷点下のために中の水が凍り、味もおかしくなっていた。吐いているブツというか液体も緑色なのを見ると、水筒から水に色素か何かが溶け出したのかもしれない。標高を下げても一向に気持ち悪さは変わらないから、その水に当たったのだろうと推測した。

こうしてふらふらになりながら、下山した。一時は先に進めば進むほど、病院は遠ざかり、安全な場所からは離れていくことに心細さを感じていたが、下山は安全な場所へと向かうだけに気持ちは落ち着きを取り戻している。
急激な熱はマラリアかもしれないと恐れ、それでも登りきったのだ。諦めずに歩いて良かった。
ここ数日ほとんど無口だったKもようやく下山するに連れて元気を取り戻し、二人で会話しながら歩けるようになった。

夕方山小屋へと降り、山での最後の夕食となった。落ち着いた頃、ガイドのロレンス軍団がテーブルにやってくる。「下に降りたら、ビールをおごってくれ」とあけすけもなくそう言った。「彼らにも頼むよ。そしてわかっているだろ?チップよろしく」と、ここ数日で何度も聞いたセリフを残して彼は去っていったのだった。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | トレッキング キリマンジャロ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<登山6日目の話 | メイン | 登山4日目の話>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/82-a15606f1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。