スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
与那国馬、白銀のドヤ顔
- 2011/02/18(Fri) -
DSC02317.jpg
2011.02.12 NEX-5

自転車にカヤックと無機質な乗り物ばかり乗っていて、ふと動物にも乗りたくなった。
以前大島で知り合ったブルーへイズ農場の平山さんに、三原山での乗馬を勧められ、旅の最終日にホースライディングツアーに出る予定だった。

しかしあいにくの雪に見舞われて、三原山裏砂漠でのホースライディングツアーは中止となったけど、彼ら、彼女らの住む農場に招待され、ちょっとだけ触れあうことができた。
小柄で短足、不格好なロバのようなものを想像していたのだけど、与那国産の馬達はとても毛並みがきれいで、顔つきも穏やか、心がすっと和む。そして見ていて飽きない。
飼われている馬だけど、どこか野性味があって、僕の好みでもあった。

おそらくこんな降り積もった雪など、南の島からやってきた彼らは目にしたことがないだろう。
それでも飼い主が声をかけると、雪上でも喜び勇んで駆け寄ってきた。
間近に顔を寄せてきて「どや?写真とるならえさをくれ」とでも言いたげな顔をパチリと収めた。



関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング 日本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クアンタンまで240km也 | メイン | 砂漠に白い雪>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/86-693b799a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。