スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クアンタンまで240km也
- 2011/02/19(Sat) -
PC230224.jpg
2010.12.23 μ1030

僕の自転車には、走った距離が即座に分かるサイクルコンピューターを取り付けていない。
たいがいどこでもこうした距離表示ポストが道端に建っているため、これと地図を見比べながら進んだ大体の距離感をつかみながら走っている。

ここマレーシアは有難いことに1kmおきにこのポストが建っていた。次の大きな街、クアンタンまで240km。この反対面には、通り去った街までの距離と掲げられているから、そこからここまで何km進んできたのかも分かる。
これまで旅してきた国では、そのポストの間隔は5kmおきであることがほとんどだった。
1kmおき、ということはクアンタンまで240回このポストを見て、その都度あと何kmなのかを計算してきたということになる。
初めこそ、「1」「2」「3」「4」と2分から3分おきに現れるこのポストを有難く拝み数えながら通り越していたが、1日100km進む身としては、1kmおきではその数の減りが遅々として感じられ、逆に鬱陶しいものに思えてきてしまった。
5kmおきぐらいが、気持ちの上で進んだと感じられ、また次の5kmまで頑張ろうというマイルストーンにもなるからちょうどいいのだけど、この短い間隔では、これだけ漕いでもたった1kmかと気持ちにさせられることのほうが多かった。
現地語の数字を読む練習台にしたりもして気を紛らわせていたが、79kmの次が78kmだという現実を突きつけられ、毎度絶望感を味あわされるのだった。

マレー半島最南端から東海岸へと向かう道。アブラヤシのプランテーションがどこまでも景色を変えることなく続いていた。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング シンガポール-タイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<憧れ | メイン | 与那国馬、白銀のドヤ顔>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/87-a4317bdd
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。