スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
惨敗の富士登山
- 2011/02/27(Sun) -
P2270017_20110227224100.jpg
2011.2.27 μ1030

2ヶ月ぶりにマレーシアのラビと再会。1週間の滞在予定で日本にきている。
富士山に登りたいということで、冬山ド素人の僕は、エベレスト2回登頂している彼となら大丈夫だろうと目論見、彼が日本でかねがね登りたかった富士登山に同行した。

登り始めこそなだらかな斜面に無風、そして雪の上も歩きにくさは感じなかった。
世界最高峰を極めた男は、前日、夜中出発を強く主張していた。彼と会って打ち合わせを始めるまで
夜中凍りついた富士山を登ることなど思いもよらないことだ。
常に緊張感が漂う。キリマンジャロの悪夢かまた蘇ってきた。
7合目を過ぎた辺りだろうか。誰かが通り過ぎた痕跡もなく、ついには道に迷って立ち往生。ラビが持参してきたアイゼンは2本歯で、至る所で横滑りし、しまいには彼が持っていたストックが流され落ちていってしまった。

結果といては山頂までは極められなかったけど、富士山の新たな一面を垣間見ることができた。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | トレッキング 日本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<白と黒の幻想的世界 | メイン | 憧れ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/89-341dff9b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。