スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
素敵な娘はお婆ちゃん
- 2011/03/09(Wed) -
P3070030.jpg
2011.3.7 μ1030

仕事の下見で箱根の金時山を登る。
朝から小田原は雨が降っていた。それが次第に箱根の山を上がるにつれ当然雪へと変わる。
反対車線の車はどっさりと雪を乗せて走り降りてきた。
「げっ」登ったこともない山なのに、明らかにこれから登る山は、雪まみれだということが分かりげんなりした。遊びならまだしも、仕事でさらっと見て回り、すぐさま下山したかったのだけど、登るべきか、登らざるべきかで迷った。

往復2時間程度だから様子見ながら歩こうと手ぶらで登り始めた。当然登りが一方的に続くが、あまりスリップや雪崩などといった雪山特有のリスクはなかった。
途中上から降りたハイカーが、「上まで行けば今日も金時娘に会えるよ」と言い去って行った。
金時娘とは何者ぞ。
まぁすぐそこまで行けば会えるのだろうから、お楽しみとして再び歩き始める。
頂上が近付くにつれ雪深くなっていく。足元のみ雪山装備だったため心強い。
1時間強登り続けてあっという間に頂上へ着いた。当然誰もいない。山小屋へと入るが、人の気配こそあれど、誰かが接客してくれるわけでもなかった。
しばらくして、人が奥の方から現れた。「げっ、何してんのあんた!」
いきなり怒られてしまった。現代風過剰低姿勢サービス満載の接客などあるわけがなかった。
「こんな雪の日に山なんて登ってくるんじゃないよ」とモンペを履いた戦時中と変わらぬ恰好をして僕を叱るおばあちゃん、その方がまさに金時娘だった。人に厳しいなんだか懐かしさを感じさせるおばあちゃんである。娘というからまぁ30代、大目に見て長年娘だとしてもせいぜい50代というのを想像していたけど、予想をはるかに超え、娘は80歳近いのではなかろうか。

「早く帰りなさい」と早々に追い出されてしまった。
まぁたいして金時山に思い入れがあるわけでもないから、すぐさま下山することにした。

こんな人里離れたさらには山のてっぺんに、代々山小屋を守るためにここで暮らすおばあちゃんがいたことに驚かされた。今月何度もここへと来ることになるだろうから、その都度おばあちゃんには会える。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | トレッキング 日本 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<気仙沼市本吉町付近 | メイン | 期待しすぎはがっかりの素>>
コメント
--
今度は是非、金時娘さまのベストショットを
掲載してください。
それにしても凄い雪だね!
2011/03/10 12:09  | URL | ほっしゃん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/95-e4b08375
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。