スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
気仙沼市波板地区
- 2011/03/28(Mon) -
P3250348.jpg
2011.3.25 μ1030

国道45号線からそれて、河口部分を横目にしながら気仙沼湾方面へと向かう。
堤防を乗り越え水があふれ出、家をなぎ倒していった痕跡をまざまざと見せつけられる。川には座礁した船や車、さらには工場のタンクが上流にまで流れ着いて腰をおろしていた。

そして陸地では津波で家が倒壊してしまったところが多く、あちこちに釘が道路上に散らばっている。
そのためしょっちゅう車はここでパンクしてしまうらしい。この日避難所めぐりのために運転してくれたよーちゃんも前日、彼の軽トラのタイヤをパンクさせていた。

車一台がやっと通れるような狭い道幅の道をさらに南へと進む。
そこには家屋の焼け跡が無残に黒々として残されていた。地震、津波、そして火事。もう太刀打ちできるわけがない。
この辺りでは水際の工業地のタンクが海上にいくつも流れ、中のガスか燃料が二つのタンクが激突したために爆発し、街が焼けてしまったということだった。
暴れたそのタンクも上流へと押し流され、やがて止まり、壊れ傾いた形で川の中で留まっていた。

未だにくすぶる煙の臭いがまだここでは残っていた。
この匂いもきっと忘れることはできないのだろう。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<被災者に助けられ | メイン | 気仙沼市本吉町付近>>
コメント
--
お疲れ様です。ありがとう。
2011/03/30 23:42  | URL | yone #66caPDxg[ 編集] |  ▲ top

-Yoneさん Re: タイトルなし-
いつかまたみんなで牡鹿に行きましょう。常にあの牡鹿の景色と、仙台カヤッカー達の事を考えながら仕事してました。
2011/04/01 00:00  | URL | やっし- #-[ 編集] |  ▲ top

--
そうか・・・
TVで観ていても、「匂い」はわからないねえ。
2011/04/24 08:37  | URL | ほっしゃん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/97-46648559
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。